協会員の出演する公演

ホーム > 能楽公演のご案内 > 協会員の出演する公演 > 詳細

能楽フェスティバル 2017-2020 ~1964年「オリンピック能楽祭」を想う~ 第二部 シンポジウム

  公演日時

2017年1月25日 17:15開場 18:00開演

  会場

国立能楽堂

  料金

入場無料

空席あり。当日、会場までお問合せ下さい。

※第一部と第二部の申込方法は異なります。それぞれお申込み下さい。


1964年東京オリンピック大会において催された「オリンピック能楽祭」に着想を得、第一線で活躍する人間国宝を出演者の中心とする現能楽界最高峰の特別公演を開催。
同日にシンポジウムも実施し、能楽について多角的に議論することで、昨今注目が集まる文化の力・可能性について考える。2020年へ向けた特別な催しへ是非お越し下さい!!


《会場》

国立能楽堂

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1

TEL 03-3423-1331



《プログラム》

開演:18:00 終了予定:19:45

●実演
半能 宝生流「高砂」
シテ 金井雄資

●講演
”「オリンピック能楽祭」に寄せて”
山本東次郎

●2020年に向けた文化関連の取組の現状報告
加藤厚士 【東京都生活文化局文化振興部 事業計画担当課長】

●パネルディスカッション
パネリスト
佐藤禎一   【東京国立博物館 名誉館長、元ユネスコ代表部特命全権大使】
吉本光宏   【株式会社ニッセイ基礎研究所 研究理事】
観世銕之丞 【能楽協会 理事長】


《お申込み方法》

空席あり。当日、会場までお問合せ下さい。

チラシ中面の専用申込書をFAX、又は専用メールフォームより平成29年1月18日(水)までに お申し込みください。

 

○お申し込み後、3週間程度で入場券をご郵送致します。
※ご入場の際は、入場券が必要となります。
※万一届かない場合は、ご一報頂けますと幸甚に存じます。

○会場の都合上、定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。尚、座席は一部関係者席として使用致します。
○頂いた個人情報は、弊協会プライバシーポリシーに則り厳重に管理し、本事業のご連絡、ご同意事項以外には使用致しません。
○プログラムは予告なしに変更する場合がございます。

演目詳細

 ページの先頭へ戻る