協会員の出演する公演

ホーム > 能楽公演のご案内 > 協会員の出演する公演 > 詳細

能楽フェスティバル2017-2020 「第3回シンポジウム 世界と能楽~能楽の国際化を問う~」

  公演日時

2018年1月26日 17:30開場 18:30開演

  会場

国立能楽堂

  料金

無料(先着順・要事前申込)

2020年オリンピック・パラリンピックに向けて、能楽協会がおくるシンポジウム第3弾。
今回は、過去テーマとした「能楽の普遍的価値」「オリンピックを軸とした文化の力」を更に発展させ、「能楽の国際化」を主題としております。
人や文化の多様性を内包した総合芸術である「能楽」は、
その長い歴史や芸術性により、ユネスコから無形文化遺産の登録を受けました。
「能楽」が世界ブランドとして注目される一方、
誇るべき伝統文化を理解し、発信するスキルを身に付けることも国際化の課題ではないでしょうか。
本シンポジウムを通して、より多くの方が能楽に興味を持ち、
魅力を発見してくださる機会になることを願っております。

《会場》
国立能楽堂
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1
TEL 03-3423-1331

 

《プログラム》

18:30~20:30

・開会式辞
観世銕之丞[公益社団法人能楽協会 理事長]

・基調講演
松浦晃一郎[第8代ユネスコ事務局長]

・英作文コンクール表彰
○選考理由発表 審査委員長 近藤誠一[元文化庁長官]
○受賞者スピーチ

・実演
能 金春流「枕慈童」
シテ 髙橋忍

《お申込み方法》
チラシ裏面の専用申込書をFAX、又は専用メールフォームより平成30年1月19日(金)までに お申し込みください。

○お申し込み後、3週間程度で入場券をご郵送致します。
※ご入場の際は、入場券が必要となります。
※万一届かない場合は、ご一報頂けますと幸甚に存じます。

○会場の都合上、定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。尚、座席は一部関係者席として使用致します。
○頂いた個人情報は、弊協会プライバシーポリシーに則り厳重に管理し、本事業のご連絡、ご同意事項以外には使用致しません。
○プログラムは予告なしに変更する場合がございます。

演目詳細

 ページの先頭へ戻る