協会員の出演する公演

ホーム > 能楽公演のご案内 > 協会員の出演する公演 > 詳細

第25回 国際博物館会議京都大会 ソーシャル・イベント 能・狂言

  公演日時

2019年9月4日 18:30開場 19:00開演

  会場

京都観世会館

  料金

定員240名
全席自由

入場無料
(事前申込制)

能楽協会ではお取り扱いをしておりません為、詳細は主催者へ直接お問い合せ下さい。

9月3日と4日に、ICOM京都大会参加者向けに日本の伝統芸能である能楽(能、狂言)を金剛能楽堂及び京都観世会館で開催します。能楽は室町時代(14~16世紀)からほとんど変わらない衣装とセリフで演技することから、現存する世界最古の舞台芸術と形容され、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。今回は初めて鑑賞する方にもわかりやすい演目を英語解説付きで行います。


主催者WEBサイトはこちら

ICOM大会参加登録者以外の一般のお客様のお申込みはこちら
*ICOM大会参加登録者の方は個別に送られるメールよりお申し込みください。

お問合せ先 ICOM 京都大会2019 運営事務局(株式会社コングレ内)
TEL: 03-5216-5303
E-mail: icom2019-reg@congre.co.jp
(営業時間 平日10:00-17:00)

演目詳細

解説 ペレッキア・ディエゴ
狂言 大蔵流「附子」 シテ 茂山七五三
アド 茂山宗彦
アド 茂山千作
能 観世流「船弁慶 前後之替」 シテ 井上裕久
笛 森田保美
小鼓 吉阪一郎
大鼓 石井保彦
太鼓 井上敬介
21時頃終了予定

 ページの先頭へ戻る