解説

都に住む少年友若は、母親を見失い、途方に暮れていた。見かねた者が少年を伴って、三吉野へ母親と再会出来るように、祈願するために連れて行った。大和路を通って三吉野へ行き、参籠して祈願をし、また大和路を京都へ向かって帰ってきた。大和川の支流の一つ、飛鳥川を歩いて渡ろうとすると、河畔で田植えをしていた五月女が、この辺りは深いから、上の瀬を渡るように注意してくれた。昨日往路に渡ったところだったので、一晩で渡瀬が変わったことに不審を感じた。五月女達は、「世の中は何か常なる飛鳥川昨日の淵は今日の瀬となる」と云う古歌を引いて、山川なるが故に、夜の間の雨で水嵩が増し、流れ州となって渡瀬が変わる由来を教えてくれた。話をする内に、この五月女が友若の母親であることが判明した。お互いに再会を喜び合い、連れ立って京都へ帰って行った。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - - - 略三 四
季節 - - - 初夏 -
タイトル - - - - -