能楽の楽器(道具ともいう)には、笛・小鼓・大鼓・太鼓の4種類が用いられます。ただし、太鼓の加わらない曲もあります。これを「大小物」といい、加わる曲を「太鼓物」といって区別しています。
各楽器の演奏者は専門職で、それぞれに流儀があり、楽譜や演奏法に特色があります。

笛
笛
一噌 隆之

小鼓(こつづみ)

小鼓
小鼓
大倉 源次郎

大鼓(おおつづみ)

大鼓
大鼓
國川 純

太鼓(たいこ)

太鼓
太鼓
観世 元伯