解説

佐渡に配流の壬生資朝が鎌倉の下知により本間三郎に誅せられることになり、一子梅若は帥阿闍梨に伴われて父に会えたが、程なく処刑された。梅若は本間を仇討ちし船着場に逃げ、阿闍梨の祈りで順風を吹かせ無事都に帰された。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - - 四 五 四 五 -
季節 - - 盛夏 -
タイトル - - - - -