解説

佐野の渡りを訪ねた山伏に、橋建立の勧進をする一組の男女。「東路の佐野の船橋とりはなし…」の歌にこめられた悲しい恋の結末。万葉集の歌をもとに、橋柱に立てられて、執心の鬼となった男が語る伝説の物語。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略二 四 四 五 四 五 四 略五
季節 3月 3月 陽春
タイトル - - - - -