解説

兄頼朝と不和になり都落ちを決意した義経は、弁慶ら一行と大物の浦へ向う。静御前との名残惜しい別離を済ませ船出すると天候が急変し、激しい荒波と共に平知盛の亡霊が現れる。しかし弁慶の懸命の祈祷により亡霊は退散する。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 11月 11月 初冬 -
タイトル 船辨慶 船弁慶 船辨慶 船辨慶 船辨慶