解説

遊女祇王は平清盛に寵愛されていたが、加賀の国から仏御前という白拍子が推参したので、暫く出仕を控えていたが、清盛の仰せによって祇王と仏御前二人で相舞を舞う。清盛の心は仏御前に移るが、二人の友情は変わらない。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - - -
季節 - - 陽春 -
タイトル - - - - 二人祇王