解説

大雪の上野佐野で旅僧に一夜の宿を貸した佐野源左衛門常世(つねよ)は秘蔵の「梅・桜・松」の鉢木(鉢植えのこと)を薪にしてもてなし、いざ鎌倉の気概を示す。僧は実は最明寺入道時頼で、鎌倉帰着後直ちに諸国の勢を召集し、駆け付けた常世を称え鉢木の名にゆかりの梅田・桜井・松枝の新領地を与える。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略二 四 二 四 二 四 二 四 略二 四
季節 12月 12月 厳冬 -
タイトル - - - - -