解説

行方知れずになった我が子を訪ね、諸国を巡る僧が清水寺を訪れる。そこで小歌を謡い弓矢で鶯を狙い興じ、寺の縁起を語る少年花月は我が子であった。少年は、天狗にさらわれ山々を巡った様を舞い見せる。芸尽くしの親子再会劇。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略二 四 二 四 二 四 二 四
季節 2月 3月 陽春
タイトル - - - - -