解説

播州室の明神の神職は加茂神社に参詣し、水汲みの女から社の縁起を聞く。 女は神となって来臨することを告げて姿を消してしまう。 やがて御祖(みおや)の神と別雷(わけいかづち)の神が現れ、五穀成就・国土守護の神徳を示す猛々しい舞を披露する。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 6月 6月 盛夏 -
タイトル 賀茂 加茂 加茂 加茂 賀茂