解説

東国見物の旅に出た夫を三年待ち続けた女が物狂いとなり、加茂の祭へ急ぐ。帰京した夫は加茂の社で、恋慕狂乱の舞を舞う狂女を群集の中に見つける。男はこの狂女が自分の妻であることを知り、再び仲睦まじく暮らすのだった。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - - 略三 四 略三 四
季節 - - 初夏 -
タイトル - - 加茂物狂 加茂物狂 賀茂物狂