解説

人生とは何ぞやの哲理に悩む青年盧生は邯鄲の里で宿をとり、ふしぎの枕を借りて一睡する。夢で彼は帝王の位に昇り、五十年の栄華に酔うが、起こされればもとの姿。人生は粟飯の炊ける間に過ぎずと大悟して帰国する。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略初 四 四 五 四 五 略脇 初 四 略初 四
季節 不定 不定 不定 無季 不定
タイトル - - - - -