解説

八瀬の里で一夏を送る僧の許へ毎日通う女がある。不思議に思った僧が弔っていると、小野小町の霊が現れる。やがて生前小町に恋をした深草少将の霊も現れ、百夜通いの様を物語り恨みを述べるが、僧の弔いにより成仏する。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 9月 9月 晩秋
タイトル - - - - -