解説

平清経は豊前の国柳が浦にて入水自殺してしまったので、身内の淡津の三郎は形見を持って清経の妻を訪ね、その死を報告する。その夜の妻の夢に清経が在りし日の姿で現れ、自分の死に至るまでの物語を語る。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 9月 10月 晩秋
タイトル - - - - -