解説

旅の僧が梅の花を眺めていると、胡蝶の精が現れ、春夏秋の花には戯れることができるが、梅の花には縁がないと嘆く。しかし、法華経の功力により梅の花にも戯れる事ができ喜びの胡蝶の舞を舞い消え失せていった。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 -
季節 2月 正月 早春 -
タイトル - - - - -