解説

頼朝の富士の巻狩に参加し、父の敵工藤祐経を討とうとする十郎祐成は、折しも勘当中の五郎時致を伴い、母のもとを訪れるが、母の勘当は解けない。涙で理罪を説く兄弟に、遂に母の心も和らぎ、二人は出陣の舞を勇壮に舞う。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略二 四 二 四 二 四 二 四 略二 四
季節 5月 5月 初夏 -
タイトル - - - - -