解説

当今に仕える臣下が松尾明神へ参詣すると老翁と男が現れ、松尾明神の謂れを物語り、夜神楽をほのめかして消え失せる。やがて松尾明神がその本体を現し、廷臣の参詣をねぎらって舞を舞う。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - - - -
季節 - - - -
タイトル - - - - -