解説

西国の僧が摂津生田で会った若葉摘みの女に求塚へ案内してもらう。女は求塚について詳しく語ると自分は二人の男の求婚に悩み入水した菟名日処女(うないおとめ)であると乗り、塚の内に消える。回向する僧の前に女の幽霊が現れ苦患を訴える。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 1月 1月 早春
タイトル - - - - -