解説

熊野参籠の臣下が難波の里の梅の木陰で老若二人の男に出会い、名高い難波の梅や仁徳天皇の仁政について教わる。二人は梅の精である木花咲耶姫(このはなさくやひめ)と百済(くだら)国の王仁であると明かし姿を消すが、夜再び現れ、舞を舞って天下泰平を祝う。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 1月 正月 早春 -
タイトル - - - - -