解説

藤原秀衡の長子錦戸太郎国衡は頼朝の命に従い義経を討とうとして弟泉三郎に同意を求めるが応じない為、泰衡と計ってこれを討とうとする。三郎の妻は自害、三郎は腹を切るが捕らえられる。安宅・摂待に続く、判官物の最後の曲。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略二 四 五 - 二 四 - -
季節 4月 - - -
タイトル - - - - -