解説

信濃姨捨山で中秋の名月を待っている都男に里女が「我が心〜」と詠んだ老女の旧跡はここだと言い、自分はこの山に捨てられた老女であると言って消え失せる。 老女は月下に舞の袖を翻し、夜明けと共に独り寂しく山に残される。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 8月 8月 - -
タイトル 姨捨 伯母捨 姨捨 姨捨 伯母捨