解説

晋の恵遠(えおん)禅師は盧山の麓に、白蓮社という結社をつくり隠遁生活をしていた。 ある日、陶淵明と陸修静が訪れ、共に盃を交わし楽しむうちにいつしか禅師は、禁足のはずの虎渓を渡ってしまい、思わず三人で大笑いしたのだった。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略初 四 - 四 五 略脇 初 四 略初 二 四
季節 11月 - 無季 -
タイトル - - - - -