解説

時の帝に仕える臣下が山桜が盛りの江州志賀で、山の神となった歌人大伴黒主の化身と出会う。 臣下が夜桜の木蔭に臥すところへ歌舞とともに志賀明神となった黒主の霊が現れ春を喜び神楽の舞を舞い和歌の徳を讃える能。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - 初 祝言尾能
季節 3月 - 陽春 -
タイトル - - - - -