解説

恋しさの余り実母を訪ねていった月若を、継母は呼び返し、雪の降る中に竹の雪を払えと命じたので、月若は寒さに死んでしまう。母と姉が駆付け、死骸を見つけた処に父も戻り、悲しむ中に奇跡が起きて月若は生き返る。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - - -
季節 - - -
タイトル - - - - -