解説

初瀬に詣でる僧が、小さな船に乗った女に出会う。女は僧を二本の杉まで案内し、玉葛の内侍の事を詳しく語り、我こそ玉葛の幽霊と名乗り消え失せる。僧が弔っていると、乱れ髪を戴いた玉葛が現れ、妄執を晴らす。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略三 四 三 四 略三 四 略三 四
季節 9月 9月 -
タイトル 玉鬘 玉葛 玉葛 玉葛 玉葛