解説

彦火火出見尊は魚にとられた兄の釣り針を求めて海中に入り、海神の都に行き着いた。尊は都の豊玉姫と玉依姫に案内され、姫たちの父母のもてなしをうけるうち、三年が過ぎてしまう。陸へ帰ろうとする尊の前に、潮満玉と潮干玉を捧げた二姫と、釣り針を探し出した龍王が現れ、舞いを舞うと尊を無事送り届けた。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - -
季節 不定 - - 無季 不定
タイトル - - - - -