解説

清水寺に詣でた僧は、満開の桜の下、庭掃きの童子に寺の縁起を聞き、付近の名所を教えてもらう。田村堂に消えた童子は、その夜、読経をする僧の前に坂上田村丸となって現れ、鈴鹿山の鬼退治の有様を物語る。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 3月 3月 陽春 -
タイトル - - - - -