解説

都東北院の梅の木の下にたたずむ僧の前に一人の女性が現れ、それは和泉式部の愛した軒端の梅と教え、式部の霊と名乗り消えてしまう。その夜の僧の夢に和泉式部は美しい本体を現し、優雅な舞を舞う。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 1月 2月 早春
タイトル - - - - -