解説

少年僧松若は父との再会を思い、都の僧に伴われて故郷信濃国園原に来ると、里人と共に木賊を刈る老人に出会った。老翁はこれを私宅に泊め、子を失った悲しみを語り、子の装束を着け舞を舞う。かくて親子は無事再会を果たす事が出来た。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 略三 四 略三 四
季節 9月 9月 -
タイトル - - - - -