解説

粟津が原にやって来た木曽の僧が神前で涙を流す女と出会う。女は、実はかつて木曽義仲に仕えていた巴御前の亡霊で、夜になると甲冑姿で現れ、義仲最期の有様を物語るのだった。女武者の忠義と奮戦が描かれる異色の修羅能。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 1月 正月 早春 -
タイトル - - - - -