解説

鹿島の神職が北野右近の馬場の花をめでに訪れ、花見車の上臈と在原業平の歌をめぐって語り合う。上臈が月の夜神楽を待つようにと姿を消すと、夢に桜葉の神が姿を現し、神楽を奏して舞う。幽玄の風趣ただよう作品。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - -
季節 3月 - 陽春 -
タイトル - - - - -