解説

旅の僧が八島で老若二人の漁師に出会う。老翁は源平合戦の模様を語り、自分が義経の身であると仄めかして消え去る。その夜僧の夢の中に義経の亡霊が現れ修羅道の苦患を現する。臨場感あふれる軍物語が魅力の修羅能の大作。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 3月 3月 陽春
タイトル 屋島 八島 八島 八島 八島