解説

宇治の平等院をたずねた旅僧は一人の老翁と行き会い、あたりの名所や宇治川の合戦の様を教えられる。老人こそは源三位入道頼政の亡霊。夜半に本体を現した老武者の霊はのときの合戦と自害の様子を再現する。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄
季節 5月 5月 初夏 -
タイトル - - - - -