解説

都を訪れた旅僧は、五条あたりの廃院で一人の女に出会う。ここは光源氏と夕顔の君が忍び逢った旧跡で、夕顔はその密会中に物怪に憑かれて急死したのだと語り教えると、女は消え失せた。夕顔の亡霊である女は再び姿を見せると、源氏との昔を懐かしみ、美しく舞うのだった。

  観世 金春 宝生 金剛 喜多
流儀・曲柄 - -
季節 9月 - - 初秋
タイトル - - - - -