日本全国 能楽キャラバン!
関東

十四世喜多六平太記念能楽堂(喜多能楽堂)

能楽シテ方5流のひとつ喜多流の本拠地となる能楽堂です。喜多流の拠点となる舞台は明治26年、大山巌邸舞台の払い下げを受け飯田町に喜多舞台(鏡板揮毫 川辺御楯画伯)を建設したのがはじまりです。大正12年の関東大震災により舞台は消失しましたが、昭和2年、侯爵浅野家別邸能舞台の寄贈を受け、四谷に新たに喜多能楽堂(鏡板揮毫 熊谷直彦画伯)を建設、しかしその後昭和20年の東京大空襲で再び消失しました。そして戦後の混乱期を乗り越え昭和30年に現在の地に喜多能楽堂(鏡板揮毫 江崎孝坪画伯、前田青邨画伯監修)が再建されました。こうして一代の内に3度に渡る舞台を建設した十四世宗家喜多六平太が昭和46年に亡くなるとその多大なる功績を記念して財団を設立し、これを契機に昭和48年に現在の能楽堂を建設しました。平成8年には客席関係の一部改修、また平成19年には舞台の若返りとして床板の張替え工事を行い現在に至っています。

昭和30年喜多能楽堂が再建されたときに鏡板を揮毫したのが江崎孝坪画伯、監修をしたのが昭和を代表する日本画家、前田青邨画伯(昭和30年文化勲章受章)です。太くせり上がった根元と豊かな枝振りは素朴さと気迫を旨とする喜多流の武士道的芸風にかなった力強さと重厚さを見事に象徴しています。

十四世喜多六平太記念能楽堂(喜多能楽堂)のご案内

所在地
〒141-0021
東京都品川区上大崎4丁目6−9
最寄り駅
電車:目黒駅
公式サイト
http://kita-noh.com/

会場周辺地図

能楽情報メルマガのご案内

公演情報や、能楽に関する情報を不定期でお届けします。