京都を拠点とする観世流シテ方能楽師の本拠地として、多くの自主公演・各家の定期能・個人主催公演・狂言会・素人発表会などを開催。能楽の普及に寄与しています。

総檜造りの能舞台、鏡板の老松は京都を代表する日本画家堂本印象画伯の手によるモダンで斬新な特徴のある鏡板です。

戦前からあった京都観世会の能舞台が終戦目前に強制疎開の憂き目にあって閉鎖されたが、先人能楽師の強い願いと多くの方の協力により、昭和33年に京都市内の文化芸術ゾーンである岡崎に建てられ63年目になります。客席数は1階が定席337、補助席50。2階が定席115の合計502席です。

京都観世会館 会館の正面玄関です。公演時はここから入館いただきロビーを通って見所へ
鏡板の老松は京都を代表する日本画家堂本印象画伯の手によるモダンで斬新な特徴のある鏡板です。

京都観世会館のご案内

京都観世会館がある岡崎エリアは、数々の美術館や博物館、図書館、動物園をはじめ、京都ロームシアター、みやこめっせ等のイベント会場等があり、京都の文化芸術活動および交流拠点として活性化しているエリアです。

所在地
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町44
最寄り駅
京都市営地下鉄東西線:東山駅
京都市バス:岡崎公園 美術館・平安神宮前・東山仁王門
公式サイト
http://www.kyoto-kanze.jp/
館内施設
  • 売店(檜書店、廣部商事)
  • 軽食喫茶(五常)
  • ショーケース(展示など)
バリアフリー設備
  • 車椅子での鑑賞スペース
お近くの観光情報
  • 平安神宮
  • 京都市京セラ美術館
  • 国立近代美術館
  • みやこめっせ 等

会場周辺地図

能楽情報メルマガのご案内

公演情報や、能楽に関する情報を不定期でお届けします。