日本全国 能楽キャラバン!
四国

日本全国 能楽キャラバン! in 高知

観世流公演

2021年9月18日(土)

12:30開場
13:30開演 - 16:30終演予定

会場
高知県立美術館 能楽堂
料金
A席(指定席):7,000円
B席(自由席)前売券:5,000円
B席(自由席)当日券:6,000円
学生券(小・中・高生/自由席):2,000円
お問い合わせ
http://yarai-nohgakudo.com/
公演概要
 高知では、藩政時代は藩主山内家が喜多流を愛好。その流れから喜多流と、近代になってから観世流も盛んに稽古されており、お囃子や狂言の愛好者も多い。
 平成初頭に地元能楽愛好家の長年の念願が叶い、高須の県立美術館ホールに能舞台が併設された。通常はホール後方の建屋に収納されている能舞台が、能楽の公演時にはレールで押し出されてくるという未来的な劇場空間となっている。
 能楽が盛んな高知でも、昨年来のコロナ禍で、公演や発表会の中止が相次ぎ、お稽古等も控えがちになっていましたが、ワクチン接種も進み、アートキャラバン事業における二つの公演で、久しぶりの大規模本格公演が実施できます事はたいへん喜ばしいことと思っています。安全に配慮しながら、能楽の長い伝統を未来に向けて継続していけるよう、多くのお客様にご来場いただきたく、地元高知県能楽協会の皆様のご助力を賜り、実施いたします。
 9月18日土曜日の観世流公演では、地元高知市出身の弘田裕一による「羽衣・和合之舞」。
 狂言は大蔵彌太郎はじめ、茂山千三郎など、東京、京都、神戸、松山の各地の大蔵流狂言師が集う配役で「船渡聟」を。
 また長年高知での指導にあたって来た、観世喜之、今井泰介による仕舞。母親が高知県出身の観世喜正による「安宅・勧進帳・瀧流」をご覧いただきます。殊に「安宅」は登場人物や有名シーンも多く、能面をかけない「直面ヒタメン」の演目です。源義経役は観世喜正の長女・和歌(小学5年)が勤めます。
 羽衣の漁師白龍と安宅の関守富樫の役にはイケメン福王和幸が。また小鼓の大倉源次郎は若くして人間国宝の重責にあり、大鼓は高知での稽古人口も多い葛野龍家元亀井広忠が勤めます。笛の森田勝瀧は高知市在住の公益社団法人能楽協会の一員として能楽の普及に携わっています。
能 観世流「羽衣 和合之舞」
シテ(天人)
弘田裕
ワキ(漁師白龍)
福王和幸
ワキツレ(漁師)
矢野昌平・村瀬提
八木原周平
小鼓
大倉源次郎
大鼓
亀井広忠
太鼓
前川光範
主後見
観世喜之
地頭
観世喜正
狂言 大藏流「船渡聟」
シテ(聟)
大藏彌太郎 
アド(舅)
古川道郎
アド(太郎冠者)
善竹忠亮
アド(船頭)
茂山千三郎
後見
吉田信海
仕舞 観世流「白楽天」
観世喜之
仕舞 観世流「傘之段」
今井泰介
能 観世流「安宅 勧進帳 瀧流」
シテ(武蔵坊弁慶)
観世喜正
子方(源義経)
観世和歌
ツレ(山伏)
中森貫太・中森健之介・石井寛人・奥川恒成・桑田貴志・遠藤和久・永島充
ワキ(富樫)
福王和幸
アイ(太刀持)
大藏教義
アイ(強力)
大藏基誠 
森田勝瀧
小鼓
大倉源次郎
大鼓
亀井広忠
主後見
弘田裕一
地頭
駒瀬直也

演目詳細

能 観世流「羽衣 和合之舞」
シテ(天人)
弘田裕
ワキ(漁師白龍)
福王和幸
ワキツレ(漁師)
矢野昌平・村瀬提
八木原周平
小鼓
大倉源次郎
大鼓
亀井広忠
太鼓
前川光範
主後見
観世喜之
地頭
観世喜正
狂言 大藏流「船渡聟」
シテ(聟)
大藏彌太郎 
アド(舅)
古川道郎
アド(太郎冠者)
善竹忠亮
アド(船頭)
茂山千三郎
後見
吉田信海
仕舞 観世流「白楽天」
観世喜之
仕舞 観世流「傘之段」
今井泰介
能 観世流「安宅 勧進帳 瀧流」
シテ(武蔵坊弁慶)
観世喜正
子方(源義経)
観世和歌
ツレ(山伏)
中森貫太・中森健之介・石井寛人・奥川恒成・桑田貴志・遠藤和久・永島充
ワキ(富樫)
福王和幸
アイ(太刀持)
大藏教義
アイ(強力)
大藏基誠 
森田勝瀧
小鼓
大倉源次郎
大鼓
亀井広忠
主後見
弘田裕一
地頭
駒瀬直也

会場周辺地図

お願い

  • 上演中の撮影、録音、録画は固くお断り致します。
  • 上演中はアラーム及び携帯電話の電源をお切り下さい。
  • 出演者はやむを得ぬ事情により変更させて頂く場合がございます。
  • 今後の状況により、公演が中止または変更になる場合がございます。

能楽をもっと楽しもう

能楽に詳しくない方向けに
楽しく学べるコンテンツや、
能楽をもっと深く楽しむための情報を
掲載しています。

能楽情報メルマガのご案内

公演情報や、能楽に関する情報を不定期でお届けします。